カードローンの「返済方式」を理解する

カードローンの主な返済方式には「残高スライド返済方式」と「定額リボルビング方式」があり、支払方式を選択できるカードローンサービス提供会社もありますが (当サイトで確認ができた返済方式が選択可能なカードローンは比較ページ「返済方式選択可カードローン」に掲載しています) 、多くはどちらか一方を採用しています。

主な返済方式は「残高スライド方式」と「定額リボルビング方式」

「残高スライド返済方式」は、利用残高に連動して返済額が増減(スライド)する方式になります。この場合、毎月の返済額を最低限に抑えることができるというメリットがある反面、返済期間が長くなるというデメリットがあります。

一方、「定額リボルビング方式」は、例えば「100万円の借入で毎月の返済額が3万円」で契約した場合、残高が減少していっても、最後まで毎月3万円の返済額は変わらず一定になります。(『元利定額』の場合※)「実質年率を理解する」のページで行ったシミュレーション結果はこの方式に基づいています。

(※『元利定額』は一定の返済額の中に「元金」と「利息」が含まれる方式です。一方、『元金定額』は元金の返済額は一定ですが、その月分の利息をプラスして返済するため、毎月の返済額は一定ではありません。)

「残高スライド返済方式」は、多くのカードローンサービス提供会社が採用していますが、初めてカードローンを利用される方には、馴染みが薄いと思いますので、シミュレーションも含め、詳細を説明します。

残高スライド返済方式の概要

下記の表をご覧ください。ここでは会社名を伏せてありますが、表内のスライド返済規定額は実在のカードローンサービス会社の情報を元にしています。

利用残高 A 社 B 社 C 社
~ 10万円以下 5,000円 10,000円 10,000円
10万円超~ 30万円以下 10,000円 10,000円 10,000円
30万円超~ 50万円以下 15,000円 10,000円 10,000円
50万円超~ 80万円以下 20,000円 15,000円 20,000円
80万円超~ 100万円以下 25,000円 15,000円 20,000円
100万円超~ 150万円以下 30,000円 20,000円 30,000円
150万円超~ 200万円以下 35,000円 25,000円 40,000円
200万円超~ 250万円以下 40,000円 30,000円 40,000円
250万円超~ 300万円以下 40,000円 35,000円 50,000円

毎月のカードローン返済方式が「残高スライド返済方式」、借入残高が「100万円」の場合、A社では25,000円、B社では15,000円、C社では20,000円を返済することになります。返済が進み、借入残高が80万円以下になった時点では、A社では返済規定額がスライドし、20,000円に変わります。

同様に、借入残高が50万円以下になった場合、A社:20,000円→15,000円、B社:15,000円→10,000円、C社:20,000円→10,000円に返済規定額がスライドします。

これを元に「残高スライド返済方式」のシミュレーションを行ってみます。シミュレーションでは、借入額が「500,000円」、借入会社がA社とB社、実質年率が「12%」で同一だった場合を比較します。⇒「残高スライド返済方式シミュレーション

追加返済の可否も確認しましょう

まとまった収入がある月は、毎月の規定額以上に返済できる「追加返済」が可能なカードローンサービス会社もあります。毎月の返済額は抑え目、ボーナス時に追加返済し、返済期間を短くしたいという方は、「追加返済」の有無も事前に確認すると良いでしょう。

※「追加返済」を行う際、最低でも利息金額以上を支払う必要があります。また、追加返済方法は自動引落としで毎月の返済をしている場合、「追加返済」分はATMや銀行振込にて別途行うことで可能等、追加返済が可能なカードローンサービス提供会社でも条件がありますので、こちらも事前に確認してみてください。

(当サイトでは追加返済時の支払利息等を解説した「追加返済と追加借入」ページや比較ページ「追加返済可カードローン」(当サイトで確認ができた追加返済可能なカードローンのみを掲載)を用意しておりますので、こちらも参考にしてください)